SFC修行となぞの旅人

SFC修行となぞの旅人

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

【ヨーロッパ起点のSFC修行を開拓!】ヨーロッパ海外発券に挑戦 特典航空券の復路を日程変更してノルウェーオスロ発券プレミアムエコノミーを挟む 復路は新路線羽田→ウィーン線に搭乗

※プレミアムエコノミー運賃にブッキングクラスNが導入された影響で、当記事で紹介している獲得PPやPP単価は実現不可能となりました。また、当記事で提示している金額は海外発券のため、為替レート等の変動によって金額が変わります。

 

ブッキングクラスNに関してはこちら。

www.sfc-traveler.com

 

 

 

2017年SFC・ダイヤ修行以来の海外発券をしました。ご報告レポートです。 

 

 

 

ヨーロッパ海外発券も都市によっては結構安い

SFC修行として海外発券を検討すると真っ先にクアラルンプール発券が上がりますが、都市によってはヨーロッパ発券も安いです。2019年は修行するかどうかわかりませんが、仕事の休みや予算など様々な観点から検討した結果、ヨーロッパ発券に挑戦してみようと思いました。

 

特典航空券の間に海外発券を挟む

f:id:tomekichisfc:20180129171733j:plain

 

www.sfc-traveler.com

 

海外発券するからには出発地まで何らかの手段で行かなければなりません。そこで思い出したのが、以前発券した往路がロンドン着、復路がブリュッセル発の特典航空券です。この特典航空券のブリュッセル→成田部分を特典枠の空きを見つけてお盆休みに日程を変更しました。

 

海外発券のルートですが、特典航空券がロンドン着ブリュッセル発なので、ロンドン⇔日本の往復、ブリュッセル⇔日本の往復、ロンドン→日本→ブリュッセルのいずれかのルートで発券したいところ。予想通りロンドン発券は高かったので、まずはブリュッセル発券に目を付けました。

 

実は特典航空券の復路であるブリュッセル→成田ですが、日程を間違えたのです(汗)本来はもう1日後の日程で予約したかったのですが、気づいた時には特典枠がありませんでした。それなら枠関係なく予約できる有償発券でつなげようと思った次第です。もう1回ヨーロッパにも行けますし・・・(汗)

 

エコノミークラスは日によって価格がまちまち

f:id:tomekichisfc:20181012182917j:plain

こちらはブリュッセル発名古屋行きエコノミークラスの7日間運賃、日程は私が搭乗を検討している前後です。最安72140円がでてきました。この値段でANAでヨーロッパと日本を往復できるなら安いですね。半面、日本のお盆にかかる日程では高くなっています。さすがにエコノミーで13万円だと躊躇します。いや、それでも日本発券よりは安いんですけど。

 ゴールデンウィーク・お盆・年末年始を外せば、7万円台で購入できる可能性は高くなります。

 

修行と言う観点から見ると、基本的に7万円台で出てくるような航空券は積算率が30%のブッキングクラスです。PP単価的にはあまり良くないので修行には向きません。

 

プレミアムエコノミーの価格は安定しているが高い

f:id:tomekichisfc:20181012183244j:plain

 

搭乗クラスをプレミアムエコノミーにしてみました。日程にかかわらず同じ金額ですが、エコノミーのお得度合いと比べると価格の高さが気になります。

 

ブリュッセル以外のお得な海外発券都市を探す

ブリュッセル発のプレミアムエコノミーは高かったので、それ以外の都市で海外発券プレミアムエコノミーのお得な都市を探しました。その結果、いくつかの都市に絞り込みました。

 

 

・バルセロナ(スペイン)

f:id:tomekichisfc:20181012190331j:plain

・プラハ(チェコ)

f:id:tomekichisfc:20181012190203j:plain

・オスロ(ノルウェー)

f:id:tomekichisfc:20181012191056j:plain

その他、いくつかの都市で15万円台を見かけました。やはりイギリス(ロンドン)・フランス(パリ)・ドイツ(フランクフルト)あたりは高いですね。北欧・東欧やスペインなどは安かったです。あくまで傾向ですけどね。

 

同じヨーロッパ内でも少し国を変えるだけで半額になるのは驚きです。ルートとしては結局フランクフルト経由だったり、ブリュッセル経由だったり。一度発券国に行ってから戻った方が安いという謎運賃です。(まぁこれはKUL発北米発券でも言えますけど:笑)

 

※スカイスキャナーなどの航空券比較サイト、「とある都市からどこかに飛ぶ」という検索は出来るのですが、「ここに飛ぶのに安い都市は?」と言う検索ができませんでした。普通は出発地は決まっているものですからね(汗)何かいい方法があればコメントいただけると嬉しいです。

 

オスロ発券に決定!その後・・・

様々な出発地をロンドンからの移動手段も含めて検討した結果、やはりノルウェー・オスロが安いという事でオスロ発券に決定。ロンドンからはスカンジナビア航空の直行便を12080円で確保。最安値は8800円でしたが、預け手荷物が別料金という事で1つだけ追加。ちなみにスターアライアンスゴールドの場合、最安運賃だと手荷物は預けられませんが、1つ追加すると優待でもう1つ預けられ、合計2個手荷物を預けられるとの事です。オスロからは同日乗継(ルフトハンザ)でミュンヘンへ。ミュンヘンで1泊後、ANA直行便で羽田へと戻ってくるルートです。

 

そもそもノルウェーの物価は世界的に見ても高く、交通費や食費も高いです。それなら何でオスロ発券は安いんだとツッコみたくなるのですが、事実なので仕方ありません。

 

ここに来てANAのウィーン線新規就航 経由地としてもOK

f:id:tomekichisfc:20181201111319j:plain

先日発表された羽田⇔ウィーン線の新規就航。2月17日より羽田発着の深夜便で運航されます。ウィーンを発着とするプレミアムエコノミーは最安13万円台なので、選択肢としては良いかなと思います。また、ヨーロッパの他の都市からウィーン経由で日本に帰る(行く?)旅程でも、プラハのように海外発券が安い都市であれば同じような金額で発券できます。

 

オスロ発プラハ着で発券

f:id:tomekichisfc:20181201114052j:plain

発券した行程はこちら。ミュンヘン→羽田は既にアップグレードが確定し、ビジネスクラスになっています。

 

1回目のヨーロッパはANAウィーン直行便就航前。という事でオスロ→ミュンヘン→羽田のルート。経由地はフランクフルト以外にもブリュッセル・フランクフルト・デュッセルドルフも可能でした。ミュンヘン経由にしたのはRIMOWAのお使いを頼まれたため。出来ればRIMOWAが格安で買えるとの噂のヘッツェネッカーに行ってきたいと思います。なお経由都市は好きな都市や時間で選べばよいと思います。あとは機材ですね。フランクフルトだとB777、そのほかの都市だと基本的にB787です。

 

2回目のヨーロッパ、海外発券復路は先日就航が発表された羽田→ウィーン線にしました。深夜便という事で仕事が終わってから羽田へ向かっても乗ることが出来ます。ウィーンからはさらにプラス3000円程でプラハへ。プラハから特典航空券復路出発地のブリュッセルまでは別の交通手段で移動です。これに関してはまだ日程が先のため、何を使うかは未定です。

 

海外発券復路の日本発地は大阪としました。中部→羽田は朝便しかなく、仕事をする時間が1日削られてしまいます。航空券価格は羽田発でも大阪→羽田を付けても価格がほとんど変わらなかったため、新幹線で行くことを考えると東京へ向かうより大阪経由で向かった方が時間はかかりますが安くなります。修行と言う意味では那覇発なども考えましたが、那覇まで行く航空券の価格が不透明な事や、お盆時期に那覇発にしてしまうと価格が高いことが予想されるのでやめました。

 

ちなみにですが、今回はミュンヘンで1泊と東京到着後那覇行きを付けているので、1万円程度最安値よりは高くなっています。ミュンヘンを同日乗継とすると3000円程度安くなります。ただしその場合はオスロで宿泊が必要(ぎりぎり乗り継げなくはない)となり、ミュンヘンとオスロのホテル価格の差額で価格差が埋まってしまいます。ミュンヘン1泊と那覇行きをやめると14万円前後(1ユーロ=128円前後の時)でした。

 

アップグレードポイントを有効活用

昨日投稿したバンコク→羽田のアップグレードに失敗したので、アップグレードポイントがまだ残っています。これを利用してミュンヘン→羽田のビジネスクラスを既に確保してあります。2019年3月末期限なので有効活用出来たかなと思います。私のダイヤ会員資格は2019年3月末で失効してしまいますが、座席クラスをプレミアムエコノミーとしたことでアップグレード対象運賃となり、ダイヤ会員ではなくなっている予定の(大阪→)羽田→ウィーンもアップグレード申し込みが可能です。現時点では必要アップグレードポイント10Pを得られていませんので、3万PPに到達次第申し込む予定です。

 

ちなみにスカイスキャナー調べによりますと、ブリュッセル⇔名古屋往復エコノミークラス、サーチャージ等を含めた総額で、信頼できそうなところではサプライスが6万円台後半、某国の某旅行会社では5万5千円というものもありました。さすがに怖くて買えませんでしたけど。

 

ルートまとめ

私の備忘録もかねてルートをまとめてみます。

 

f:id:tomekichisfc:20181201130756j:plain


特典でロンドンへ→別切りでオスロへ→オスロ海外発券で日本と往復(プラハ着)→別切り(航空会社未定、もしかしたら鉄道)でブリュッセルへ→特典で日本へ帰る。そんな感じの旅程です。

 

残念なのは特典航空券の最後、ブリュッセル→成田がエコノミークラスになってしまったこと。ここは元々ビジネスクラスで発券していたのですが、日程変更を優先させた結果エコノミーしか空いていませんでした。一応ビジネスクラスに空席が出れば変更は出来るそうなのですが、お盆の時期という事であまり期待はできませんね。

 

 ミリオンマイラー修行に最適!?

今回発券したのはプレミアムエコノミーですが、格安エコノミーチケットはミリオンマイラー修行に最適ではないでしょうか。発着地にもよりますが、ヨーロッパ⇔東京片道が6000マイル前後、往復12000マイルなので航空券が7万円とすると5.83円/マイル。比較対象として、東京⇔那覇が984マイルなので、約1000マイル片道1万円としても10円/マイルです。東京到着後さらに沖縄方面などに飛べばさらに効率が上がりますし、上記の単価から見れば計算上ドメ専で飛ぶより約半額の費用でミリオンマイラーになれそうです。長時間エコノミーに耐えられる体力はいりますが・・・(笑)

 

SFC修行にもまずまず良好 PP単価は?

今回私が発券したオスロ発券のプレミアムエコノミーですが、SFC修行としてもまずまず効率が良いです。

 

海外発券部分の合計PPは16113PP。運賃が150670円でPP単価は9.35円/PPと、目安である10円を切ってきました。那覇→伊丹も含めると17221PP、159630円で9.26円/PP。購入した運賃は選択した便の影響で最安値ではありませんし、復路はOKAタッチを付けていないので、計算はしていませんがPP単価優先で突き詰めれば8円台にはなりそうです。為替相場次第と言うところもあります。

 

 プレミアムエコノミーなのでマイルやアップグレードポイントでビジネスクラスにアップグレードできるのも良いですね。そしてヨーロッパ線はPPの路線倍率が1倍なので、同じ獲得PPであれば東南アジアに比べて獲得マイルが多くなります。上級会員であればさらにボーナスマイルも大量に貯まります。

 

あとはヨーロッパまで安く、もしくはPP単価が良く行ける手段がうまくあればですが・・・。ここはやはり特典航空券でしょうか。エアチャイナあたりでうまく安く行ければ・・・とも思います。

 

今回は既に特典航空券を発券してしまっているので着地のロンドン、発地のブリュッセルは変更できませんが、SFC修行として海外発券の発地へ行くのであればその都市へ飛ぶのが普通だと思います。乗継も2回まで可能なので、最終的な目的地が海外発券の発地に行くようにすれば、24時間以内の乗継を利用して他の都市も回れますね。

 

飽きさせないSFC修行

クアラルンプール発券でSFC修行を行うと毎回クアラルンプールが目的地兼出発地になってしまいます。せいぜいシンガポール経由にする、もしくは北米行きにしてアメリカの都市を楽しむぐらいでしょうか。その点ヨーロッパ発券であれば今回のように出発都市と帰着都市を変えることが出来たり、例えばオスロ発券で日本と往復、オスロに戻ったらプラハに移動してプラハ発券で日本往復、マドリードに戻ったら次の発券都市へ・・・なんてことも出来そうです。考え1つでルートが無限に広がります。行きたい都市に行くも良し、PP単価を追求するも良し。週末だけで修行したい!と言う方にはちょっと難しいですけどね。

 

毎年繰り返し修行される方には良いですが、SFCを取得したら終わりと言う方にとっては最大3回、海外発券発地までPPの貯まる有償で行く場合には2回が限度です。逆に言えば3回の行程で5万PP貯めることが出来ます。

 

まとめ

私が発券したヨーロッパ海外発券、オスロ発券についてお伝えしました。海外発券としては2017年KUL発北米プレミアムエコノミーの記事を公開した時、ものすごい反響があり驚きました。(情報を更新しなければと思いつつ先延ばしにしています:汗)現在はKUL発日本(沖縄)と並んで海外発券修行のメインルートの1つとなっています。今回のヨーロッパ発券はこれから修行する方(海外に慣れていない方)としては少しハードルが高いかなと思いつつ、誰かやってくれないかなと思う気持ちもあります。発地として選べる都市も多いので、様々なルートが開拓されると良いなと思います。

 

ブログとして情報を発信すると、さらに誰かが調べて新しい情報となって返ってくるのも面白い所です。