2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

SFC修行となぞの旅人

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

【所有クレジットカード再編】SPGアメックス解約を検討しています

f:id:tomekichisfc:20171110172422j:plain

昨年ぐらいからマイラー界や旅行好きの間で大ブームのSPGアメックス。紹介制度で紹介者・被紹介者にポイントがもらえるとあって、ブログでの紹介記事が大量に投稿されています。最近ではメリットをとことん強調してちょっと誇張し過ぎでは?という記事や、逆に「SPGアメックスは絶対作るな」なんて記事も出てきて、ちょっとした議論になっていますね。

 

そんな中、私はSPGアメックスの解約を検討しています。まだ解約には至っていませんが。

 

絶対作った方が良い? 絶対作るな? 結局どっち? 私の考え

SPGアメックス。マイラー界、旅行好きの人の中で大流行のカードです。私も2017年の11月に発行しました。

 

最近あまりにも所有者が増えすぎて、ホテルのラウンジが混んでいるとか、ゴールド会員ではルームアップグレードなんて見込めないとかいろいろ言われていますが・・・。

 

それは置いといて。

 

一番不幸なのは、「発行してみたけど思っていたのと違った」という事。

 

これはSPGアメックスに限らず、SFC修行についても、もっと言うなら世の中のすべての買い物について言える事です。

 

 

特にSPGアメックスに関しては紹介者に高額ポイントが入るため誇張して書かれがちです。

 

経済学では「情報の非対称性」と言いますが、得てして販売側、SPGアメックスで言えば紹介者側が詳しい情報を持っているもの。

 

私たちは氾濫する大量の情報を整理し、自分の立場に当てはめて発行するかどうかを検討すべきです。

 

なので、SPGアメックスを発行するかどうかを他人が「絶対発行した方が良い」とか「絶対発行するな」なんて断言できないし、すべきでないと思っています。

 

ただ、こういった過激な言葉を見出しに使う事でブログへのアクセスが増えることもまた事実だと思っています。

 

 

私がSPGアメックスの解約を検討する理由

 

解約を検討するという事は少なからずデメリットを感じているからなのですが、それをまず整理してみたいと思います。

 

1.高額な年会費

これは最初に言われること。SPGアメックスの年会費は31000円、税込み33480円です。クレジットカードの年会費としては高額な部類。もちろんこの金額に見合った特典・メリットがあれば所有する理由になります。SPGアメックスの場合、更新することで得られるホテル無料宿泊特典で年会費分の元が取れるとよく言われますが、これについては後述します。

 

 

2. 私のホテル宿泊が少ない&アーリーチェックイン・レイトチェックアウトを使いにくい

 

私は旅行は好きなのですが、基本的に休みが週1なのでホテル宿泊が少ないのです。SPGアメックスを発行してから泊まったSPG・マリオット系ホテルは琵琶湖マリオットに2泊、コートヤードワイキキビーチに1泊。今後更新日までに予定している宿泊がメガボーナスキャンペーン無料宿泊特典のコートヤード台北に1泊と、9月に予定しているバンコクで1泊または2泊(予約前)。合計最大で6泊です。うち琵琶湖マリオット2泊はメガボーナスキャンペーンの条件を満たすために無理して泊まった1泊と、確定申告の事務処理のために泊まった1泊です。確定申告の為に泊まった1泊は琵琶湖に用事があったわけではなく、確定申告を琵琶湖マリオットで行ったらどんな感じか実験的に宿泊したもの。いつもなら名古屋市内のホテルを利用します。琵琶湖までの交通費もかかりますし、これも不要と言えば不要な宿泊でした。

 

また私は土曜日の夕方出かけて行って日曜日の夜に帰ってくる弾丸旅が多いです。となるとアーリーチェックインは使いにくく、レイトチェックアウトの時間には自宅に帰るという行程になってしまいます。

 

 3.無料宿泊特典について

SPGアメックスを更新することで手に入る無料宿泊特典。これの使い方でSPGアメックスのお得度が変わると言っても過言ではありません。

 

私の場合、基本的に1人旅の時のホテルはそこそこ清潔で寝られればOKというスタイル。SPGやマリオットの様な高級ホテルは必要ないのです。まず日本国内であれば言葉は通じますし、何かトラブルがあっても対応が簡単、最悪他のホテルに逃げることもできます。また海外の場合はまだまだ観光が主体の旅行がほぼ全て。ホテルを楽しむというスタイルをあまり行いません。また、無料宿泊が1泊だけだと連泊する場合には(私にとって)高額な宿泊費が必要になり、もし安く済ませるなら安いホテルへの移動が必要になります。1泊で弾丸旅の場合も観光に出てしまいますし、もしホテル滞在を楽しむという趣旨なら日本国内で良くない?と思ってしまうのです。

 

もう1つ。私は無料宿泊特典を獲得したら来年のイギリスで使おうと思っていました。イギリス・ロンドンもホテルが高いと言われています。しかし、EU離脱によるポンド安の影響からか、思ったよりホテルが高くない。2017年に行ったニューヨーク並みの宿泊費を想定していたので、普通に予約しても良いんじゃない?と思うようになりました。

 

 

 デメリットばかり挙げてきましたが、後悔はしていませんよ

  

ここまで解約を検討する理由ばかり挙げてきましたが、これらの事は発行する前から薄々感じていたことです。それでも発行したことに対しては全く後悔していません。むしろ発行して良かったと思っています。

 

理由の1つは、実際に自分が発行して合わないなと思えた事。これはいくら他人がメリット・デメリットを述べたところで自分に当てはめてみないと分かりません。これをちゃんと自分で実際に発行して体験できたことが良かったと思っています。

 

これだけだと強がりと思われてしまうかもしれませんが(笑)

 

具体的に発行して良かったと思えることがあります。それは発行時のボーナスポイントで大量のポイントを獲得できたこと。

 

紹介による17000ポイント、入会プラス10万円利用で10000ポイントの合計27000スターポイント。ANAマイルに移行して33750マイル相当です。これを獲得できたことで、ファーストクラスの特典航空券を発券することが出来ました。

 

www.sfc-traveler.com

 

またこれは結果的にそうなったのですが、もしSPGアメックスを発行していなかったら必要マイルが足りず、上記のファーストクラス特典航空券の燃油サーチャージがあがってしまっていました。発券した特典航空券は日本⇔欧州2往復。1旅程目の片道はタイ国際航空利用なので単純に計算できませんが、仮にANAで2往復なら燃油サーチャージの値上げ幅は3500円×4で14000円。ある意味これだけでSPGアメックス年会費の半分近く元を取ったことになります。

 

SPGアメックス解約を検討するもう1つの理由

SPGアメックス解約を検討するもう1つの理由に、別のアメックスカードの発行を検討しているという事があります。それはMUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードです。MUFGプラチナアメックスカードであれば、ホテル特典を除けばSPGアメックスと同等、場合によってはそれ以上の付帯特典があります。これもSPGアメックス解約を検討する理由です。

 

MUFGプラチナアメックスカードのメリット

MUFGプラチナアメックスカードは「プラチナ」「アメックス」というだけあって数々の特典がありますが、その中でも私が良いなと思っているものをまとめてみます。

 
・年会費が安い

 MUFGプラチナアメックスカードは、年会費21600円とプラチナカードとしては破格の年会費となっており、SPGアメックスよりも安いです。

 

・プライオリティパスが付帯する

  現在私は楽天プレミアムカードでプライオリティパスを所有していますが、これをノーマルの楽天カード(年会費無料)に戻し、MUFGプラチナアメックスを発行してプライオリティパスを取得したらよいのではないかと思っています。楽天プレミアムカードの年会費は10800円なので、実質年会費の増額部分は10800円。これでアメックスのプラチナ特典が使えるのであればお得だと思います。

 

・家族カードが1枚無料 しかもプライオリティパスが付帯する

MUFGプラチナアメックスカードは家族カードが1枚まで無料、しかも家族カードにもプライオリティパスがついてきます。もし家族でプライオリティパスをそれぞれ持ちたい場合には楽天プレミアムカードの本会員2名より、MUFGプラチナアメックスの本会員・家族会員で2枚持った方がその他の特典が優れている分お得だと思います。

 

※実は今後予定しているタイ・バンコク旅では私・母・友人の3人で計画しているのですが、現状だとバンコク発の時にラウンジに1名入れないのです。(SFC家族カードは訳あって発行していません)母を自前のプライオリティパス、友人を私のANA同行者とすれば3人でラウンジを使えるという計画です。

 

 

・国内航空便遅延保険が自動付帯

MUFGプラチナアメックスカードは国内航空便遅延保険が自動付帯です。これまでは有償で乗ることが多かったので利用付帯の条件を満たすことが出来ていたのですが、先日UA特典でANA国内線に乗った時に保険が無いことを改めて認識し、やっぱり保険があった方が良いなと思ったのです。

 

 

MUFGプラチナアメックスのデメリット

 

 MUFGプラチナアメックスを発行するにあたって引っかかっているのは、ANAのマイルが貯まらない(貯めにくい)という事。(逆にJALは貯めやすいらしい?)という事で、もし発行した場合はプライオリティパスや各種特典用の死蔵カードとなる可能性が高そうです。

 

私は個人的にメインで利用するカードが3枚(3種類)欲しいのですが、現在は

 

・SPGアメックス

・ANA VISA ゴールド(SFC)

・ユナイテッドマイレージプラスセゾン(現在は利用キャンペーンの為ANAnimoca)

 

となっています。うちSPGとANAが高額利用、ユナイテッドはメインではありますがあまり使っていません。なので、ユナイテッドを解約予定のSPGアメックスのポジションに戻し、現在のユナイテッドのポジションにMUFGを入れたら良いかなと思っています。

 

 

これで、SPGアメックスと楽天プレミアムの2枚の年会費合計44280円を削減、MUFGプラチナアメックスの年会費を21600円とすると、22680円の年会費削減を見込んでいます。22680円あれば、SPGやマリオットの安い所なら泊まれる気もします。

 

懸念事項

このプランを実行した時に懸念していることもまとめておきます。

 

・ANAマイルが貯まりにくい

 

MUFGプラチナアメックスカードは基本的にANAマイルが貯めにくいようです。SPGアメックスであればANAは元より、様々な航空会社のマイルに交換ができます。この点についてはユナイテッドマイルになってはしまいますが、ユナイテッドマイレージプラスセゾンをメインにすることでで1.5%(マイルアップメンバーズ)でマイルが貯まります。ユナイテッドのマイルはスターアライアンス特典航空券、特にANA国内線特典にお得に交換ができるので、これで代替しようかなと思っています。

 

 SPGアメックスを申し込んだ時はこんなこと言ってますが(笑)

www.sfc-traveler.com

 

 

・そもそもプラチナカードの発行が出来るのか

 一番の懸念がこれ。プラチナカードの審査に通るかということです。一応クレヒスに傷はついていないはずですが、とは言っても初めてのプラチナカード。審査が通らない可能性もあります。その場合はSPGアメックスをそのまま持ち続けると思います。

 

 

 

更新月までじっくり考える

 

 まだ更新月までは半年ほどあります。ホテル特典をはじめSPGアメックスにしかない特典もありますので、これから更新月までじっくり考えるつもりです。SPGアメックスについてはSPGとマリオットの統合によりどうなるかわからない状況ですので、推移を見守って行きたいと思います。もしかしたらやっぱり持ち続けるとなるかもしれません。こんな方法もあるよという事があればコメントいただけると嬉しいです。

 

 

 

最近SPGアメックスの議論が激しいので、ついつい記事にしてしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。