SFC修行となぞの旅人

SFC修行となぞの旅人

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

【2018年旅行記15-12】台湾 桃園観光夜市 散策記 日本語も英語も通じない夜市に突入!

f:id:tomekichisfc:20181002151602j:plain

f:id:tomekichisfc:20181002151621j:plain

台湾2日目の夜。前日の台北土林夜市に続いて、桃園観光夜市を訪問しました。ホリデイインエクスプレス桃園には夕食が付いていないので、桃園夜市で夕食を物色します。

 

まずは全体像を把握

 

f:id:tomekichisfc:20181003213815j:plain

ホリデイインエクスプレス桃園からは1.3km。少し遠いですが、歩けない距離ではありません。お腹をすかせるのもかねて歩いていきました。

 

f:id:tomekichisfc:20181002151946j:plain

桃園観光夜市は観光夜市と言いつつローカル色の強い夜市です。前日の土林夜市と比べればかなりコンパクト。とはいえ夜市としての盛り上がりに不足はありません。

 

まずは全体を遠巻きに一通り歩いてみました。

 

f:id:tomekichisfc:20181002152145j:plain

おでん(笑)

f:id:tomekichisfc:20181002152249j:plain

f:id:tomekichisfc:20181003214018j:plain

とりあえず唐揚げを購入。食べ歩きしながらさらに散策します。

 

f:id:tomekichisfc:20181002152440j:plain

ゲームは子供たちで大人気です!

f:id:tomekichisfc:20181002152514j:plain

ファミコン?

f:id:tomekichisfc:20181002152543j:plain

日本のお菓子すくい!

 

f:id:tomekichisfc:20181002152640j:plain

この先は服や靴など、食べるもの以外のお店エリアですね。

 

桃園観光夜市では飲食店・屋台と服や雑貨のお店のエリアがある程度分けられているように感じました。

 

さぁ食べるぞっ!

一通り回ったところで夕食食べ歩きです。

f:id:tomekichisfc:20181002152824j:plain

まずは牛舌餅なるものを頂きます。餅ならお腹に溜まるかなと思って(笑)

f:id:tomekichisfc:20181002152851j:plain

1個20元。

f:id:tomekichisfc:20181003214151j:plain

ナンの様な食感に、あとからふわっと甘みが広がります。これはアタリ。

桃園夜市で唯一聞いた日本語はここのおじさんのありがとう(と私の独り言)でした。

 

f:id:tomekichisfc:20181002152941j:plain

続いてイカの唐揚げ。

f:id:tomekichisfc:20181002153032j:plain

まるかじり出来るのかと思いきや、バラバラにカットされてしまいました(笑)

f:id:tomekichisfc:20181003214046j:plain

 結構ボリュームがあったので一部はホテルにお持ち帰り。唐辛子だれは拒否しましたが、それでも結構スパイシーです。

f:id:tomekichisfc:20181002153818j:plain

口の中が辛いのでマンゴージュース購入。700ccで50台湾ドル。

 

f:id:tomekichisfc:20181003214119j:plain

ドロッドロ。もはやジュースというよりスムージーです。良く冷えててめちゃうまい!

 

マンゴースムージーでお腹がいっぱいになってしまったのですが、かきオムレツだけは食べたいと思ったのでこちらはホテルへお持ち帰り。

f:id:tomekichisfc:20181002154047j:plain

・小さいカキが大量に入っている

・生地に片栗粉が入っていてプルプル

という点で想像と違っていましたが、おいしかったのでOKです。

 f:id:tomekichisfc:20181003214325j:plain

箸をもらってくるのを忘れましたが、ウェルカムフルーツについていたフォークで食べました(笑)

 

まとめ

桃園観光夜市のレポートでした。「英語も日本語も通じない」と言う点で少し勇気がいりますが、一度慣れてしまえば勢いで突き進めます(私の場合:笑)商品を指差すなどして何となく伝えれば、向こうも分かってくれるはず。少なくとも中国語があいさつ程度しか分からない私でもこれだけのグルメを食べられました。もし迷っている方の背中を押すことが出来たならうれしいです。