2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

【ご案内メール到着】羽田→クアラルンプールの座席がプレミアムエコノミーからビジネスクラスに無償アップグレードされました【HND⇔KUL・YVR機材変更】

はじめに

前記事において2018年10月以降の国際線航空券に付随する国内線部分のマイル積算率について述べさせていただきましたが、一部内容に誤りがある可能性があるため、いったん公開を取り止めました。参考にしていただいた方にはご迷惑をおかけします。

 

 

さて、当記事の本題です。

 

羽田→クアラルンプールの座席がビジネスクラスに変更されました

 

KUL発北米行き海外発券の4レグ目、プレミアムエコノミーで予約しているHND→KULがビジネスクラスにアップグレードされました。先日メールが届きましたので公開させていただきます(一部加工)

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【重要】ANA 国際線使用機材変更のご案内
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平素より、ANA便をご利用いただき誠にありがとうございます。

このたび、弊社の都合により使用する機材が変更になりました。
詳細は以下の通りです。

【バンクーバー線】 8月31日(木)から3月24日(土)まで
NH116便 羽田(HND)-バンクーバー(YVR)
NH115便 バンクーバー(YVR)-羽田(HND)
B787-9/246席仕様(プレミアムエコノミーあり)から
B787-8/240席仕様(プレミアムエコノミーなし)へ変更

【クアラルンプール線】 8月31日(木)から3月24日(土)まで
NH885便 羽田(HND)-クアラルンプール(KUL)
NH886便 クアラルンプール(KUL)-羽田(HND)
B787-9/246席仕様(プレミアムエコノミーあり)から
B787-8/240席仕様(プレミアムエコノミーなし)へ変更

プレミアムエコノミーの設定がない機材にて運航いたします。
ご不便をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

つきましては、お客様のご予約は
プレミアムエコノミー対象運賃をご購入いただいておりますため
以下のとおりご案内いたします。
-----------------------
【対象便】
December (日付), NH885

【お座席について】
ビジネスクラスのご利用をご案内いたします。

【ご案内】
-ご出発まで特別な手続きは必要ありません。
 航空券はそのままの状態で当日空港にお越しください。
マイレージ・プレミアムポイントなどはお持ちの航空券に準じます。
-本日より1週間以内に【座席について(機材変更のご案内)】というタイトルの
 メールをお送りします。そのメールの受信後より
  ANAウェブサイトにて座席指定可能です。
-変更可能な航空券をお持ちの場合、今後の予約変更は
 予約・案内センターでのみ承ります。
-----------------------

また今回の機材変更に伴い、経路変更や旅行取り止めをご希望の場合
ANA予約・案内センターまでご連絡ください。手数料をいただかずに承ります。

なお、使用する機材は再度変更になる可能性があり
プレミアムエコノミー設定のある機材で当日運航する場合がございます。
その場合も、すでにビジネスクラスのご利用をご案内したお客様は
そのままビジネスクラスをご利用ください。

ご不明な点がございましたら、ANA予約・案内センターまでご連絡ください。

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますことを
お詫び申し上げます。

お客様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2017年8月28日
全日本空輸株式会社

 

重要な部分を抜き出してみる

バンクーバー線・クアラルンプール線の機材変更

8月31日から2018年3月24日までの使用機材が787-9から787-8に変更です。それに伴ってプレミアムエコノミーがなくなりました。

 

私は既にプレミアムエコノミーで予約していましたので、無償でビジネスクラスにアップグレードされました。これはラッキーです。

 

マイル・PPは元の航空券に基づく

マイル・PPについては元の航空券に基づいて付与されるようです。私の場合HND-KULのプレエコなので5407PPです。仮にビジネスクラスだとすると6658PPですね。

 

 

機材再変更になった場合はそのままビジネスクラス利用

可能性は小さいと思いますが、使用機材再変更の可能性もあるとの事です。これは普段でも機材不具合などであり得ますので、そういった意味での案内だと思います。再変更の場合も既にビジネスクラスで案内が来ていますので、そのままビジネスクラスが利用できます。もしビジネススタッガード搭載機材に再変更されるのならさらにラッキーですけどね。

 

 

 

経路変更・旅行取り止めの場合は手数料なしで対応

旅行取り止めの場合は返金対応は分かるのですが、経路変更の場合が(私の中で)少しあいまいです。KULの場合、基本的にシンガポール経由に変更になると思うのですが、座席はどうなるのか?マイルを使ってアップグレードしていた場合は?上級会員の無償アップグレードはどうなるのか?など、不明点がいくつかあります。ツイッターやブログ上でも情報が錯綜していますので考察は控えます。

 

機材変更のメールが公に配信されたという事で、対応が変わってくる可能性もありますね。

 

予約確認画面について

 

私の予約確認画面にいくつか変化がありました。

f:id:tomekichisfc:20170830142737j:plain

こちらがプレミアムエコノミーで予約しているKUL-JFKの航空券予約です。4レグ目の座席が5A・ビジネス:Rとなっています。

 

ブッキングクラスRはマイル・PPシミュレーションで出てこないブッキングクラスですが、元の航空券に基づいて付与されるとの事で安心しました。

 

f:id:tomekichisfc:20170830143235j:plain

メール到着直後はビジネススタッガード(787-9)の座席指定が出来ましたが、クレードルシート(787-8)に変わっていました。座席は同じ5Aがそのまま自動的に割り当てられていました。

 

その後座席再指定のメールも届きました。

 

まとめ

今回は機材変更という事で、プレミアムエコノミーの航空券でビジネスクラスに搭乗できることになり、幸運だったと思います。また、このフライトはダイヤ達成旅程の一部なので、そういった意味でもうれしいです。あとは復路のKUL-SIN‐HNDの行程でマイルアップグレード、ビジネススタッガードでダイヤ達成フライトになれば良いなと思います。