2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

【速報】ANA2017冬ダイヤ運賃発表!成田⇔那覇 5.08円/PP 等【2018年SFC修行】

f:id:tomekichisfc:20170616085139j:plain

ANAプレスリリースにて8月27日予約開始予定(先行予約対象者の場合)の運賃が発表されました。

2017年10月29日(日)~2018年3月24日(土)ご搭乗分の「プレミアム特割」「プレミアム旅割28」、各種「旅割」「特割」運賃を設定|プレスリリース|ANAグループ企業情報

 

下記で考察しているルート・運賃は発表されている下限価格であり、日付・便によって異なります。また、効率の良いルートは早いうちに売り切れることも予想されます。なお空港使用料は考慮していません。

 

データは正確に取ることに努めていますが、これを保証するものではありません。最終的な購入等については各自の自己判断・自己責任で行ってください。

 

旅割75・P旅割は昨年とほぼ変わらず ただし路線・時間帯による

 

SFC修行で利用されると思われる路線の例年最安値と言われる1月の運賃を確認していきます。

 

東京・名古屋・大阪発着路線を見ていきます。

 

・羽田⇔那覇 

 

旅割75:9700~9900円 PP単価6.61円~

P旅割28:24700円~ PP単価8.63円~

 

羽田発の時間帯の早い便と、那覇発の時間帯の遅い便は12000円程度と価格が上がっていました。1日2往復を考えている場合は4便のうち2便を12000円程度で購入する必要がありそうです。

 

 

・羽田⇔宮古・石垣

 

旅割75:13200~13500円 PP単価7.59円~(宮古) 7.35円~(石垣)

P旅割28:26700円~28700円 PP単価8.10円~(宮古)8.29円~(石垣)

 

1月6日までの下限値で9700円

1月6日までの羽田⇔宮古・石垣の最安値は9700円でした。これをうまく購入できたとすると5.28円/PPという驚異的なPP単価をたたき出します。恐らくこちらは運賃1月1日限定の運賃と予想します。

 

・名古屋⇔那覇

旅割75:9300円 PP単価7.67円

 

こちらはソラシドエア運行便の価格です。その他のANA運行便は10600円~14500円となっており、修行としては使いづらい印象を受けます。P旅割28も25950円~と、PP単価は10円を超えてきますので、修行には使いづらいです。

 

・名古屋⇔石垣

旅割75:12000円 PP単価7.67円

 

名古屋石垣便は名古屋→石垣が12000円、石垣→名古屋が12300円となっています。こちらは最安値で当日往復できるダイヤですが、滞在時間が極端に短い修行ルートです。これをメリットと見るかデメリットと見るか・・・。基本的に同一クルー、同一機材です。P旅割も29600円~と、単価的には9円台後半、ほぼ10円となります。

 

・大阪⇔那覇

旅割75:8400円 PP単価7.58円(関西空港発着)

 

大阪は3空港あるので最寄がどの空港かにもよりますが、最安値は関西空港発着の旅割75で8400円でした。ただし神戸・伊丹空港発着の最安値もそれほど大きく価格が変わらなかったので、空港までのアクセスで決めてしまって問題ないと思います。

 

・大阪⇔宮古・石垣

旅割75:12500~12900円 PP単価9.19円~(宮古) 8.87円~(石垣)

P旅割28:24900円~25500円 PP単価9.34円~(宮古)9.03円~(石垣)

 

大阪⇔宮古・石垣は旅割75、P旅割28ともにそれほど目を引く単価ではありませんでした。行程としてもすぐの折り返しとなりますし、旅行目的でないのならお勧めではありません。

 

そのほか気になる路線

 

・静岡⇔沖縄

旅割75:9500~9700円 PP単価7.34円(那覇行き)~7.49円(静岡行き)

 

・那覇⇔千歳

旅割75:14000~14400円 PP単価6.68円(那覇行き)~6.87円(千歳行き)

 

成田那覇便が超優秀!

2017年も1月の成田発着便は超優秀なPP単価でしたが、旅割75成田那覇に関しては2018年も継続しています。

 

・成田⇔那覇

旅割75:7500~7700円 PP単価5.08円(那覇行き)~5.24円(成田行き)

 

ただしプレミアム旅割28に関しては21000円と大幅値上げとなっており、PP単価は7.34円となっています(それでも優秀ですけど)

 

・成田⇔福岡

旅割75:6600円 PP単価7.76円

 

・成田⇔広島

旅割75:6500~6600円 PP単価10.46円(広島行き)~10.62円(成田行き)

 

PP単価は良くありませんが、ちょっと変り種だなと思ったので掲載しました。

 

成田発着便を基幹路線にしたSFC修行は私も行いました。

 

www.sfc-traveler.com

 

 

www.sfc-traveler.com

 この時は1レグ目の中部→那覇と、成田⇔福岡の往復をプレミアムクラスにしています。

 

所感

全体的には2017年よりは良くないのかなという印象を持ちました。旅割75の時間帯によるフレキシブルな運賃設定と、プレミアム旅割28の値上がり傾向が見て取れます。

 

あとは実際に予約できる段階になって目的の便がいくらなのかに注目ですね。

 

プレミアム旅割28の単価があまり良くないので、海外OKなら海外へ出てしまったほうが楽でお得かもしれません。旅割75だと空港アクセスの回数がかさみ、意外と費用がかかります。

 

2月以降分については考察中ではありますが、記事にするかは未定です。