2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

SINタッチ・KULタッチ・SYDタッチ おすすめSIMカードはこれ!【アジア14カ国で使える!】

今回の記事は以前私がSINタッチの際に利用したSIMカードの再紹介です。

 

 

 

www.sfc-traveler.com

 

 今回なぜ再紹介させていただくかと言うと、私もチャンネル登録させていただいているユーチューバーのたけひとさんがこのSIMにについて動画投稿されており、とても分かりやすかったのでので紹介させて頂きたいと思ったからです。

 


14ヶ国で使えるアジア最強のSIMカード!その名はSIM2FLY!

たけひとさんも2017年SFC修行をされているとの事で、フライト計画や空港の様子など参考にさせていただいています。

 

同じSIMカードの紹介ですが、動画とブログ記事で受ける印象や分かりやすさも違いますね。

 

利用できる国一覧

 

 

私が利用したときから使える国が2カ国増えました。

 

シンガポール・ラオス・カンボジア・フィリピン・マレーシア・インド・韓国・香港・マカオ・日本・台湾・ミャンマー・ネパール・オーストラリア

 

オーストラリアが増えたのはプレエコ利用シドニーやエアチャイナメルボルンでSFC修行される方にはありがたいですね。

 

私の感じたメリット

過去記事から私の感じたメリットだけコピペさせて頂きます。

 

・日本国内で設定してから持ち出せる

・到着後すぐに使える(着陸後の機内で使えますが、航空会社によって違うかもしれないので、クルーの指示に従ってください)

・英語が苦手でも問題ない

・空港でSIMカードを手に入れる手間と時間の削減(海外到着時・日本帰国時共に)

・SINタッチのように海外滞在期間が短くても、日本でも使えるので帰国後もしばらく使えてデータ量の無駄がない

 

私にとっては帰国後しばらく使えるのが結構なメリットでした。普段格安SIMを使っている以上データ量の制限がありますので、これを節約できることが大きかったです。また、帰国後SIMを入れ替える必要が無いので、すぐにOKAタッチに向かってもデータ通信ができ、帰宅して落ち着いてから日本のSIMに入れ替えることが出来ました。

 

現地調達の場合に多くの方が利用すると思われるsingtelのツーリストSIMは最低5日間からですから、1日滞在だともったいない感があります。こちらのSIMならそういった事もありません。

 

 

海外旅行(SFC修行)のネット環境の選択肢に悩んでいる方、ご検討いかがでしょうか。