2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

【SFC修行新ルート】 クアラルンプール発北米・カナダ行き海外発券プレミアムエコノミーついてもう少し調べてみた

 こちらをお読みでない方はまずこちらからどうぞ

www.sfc-traveler.com

 

 アメリカ・カナダへ行けてPP単価8円台というクアラルンプール発北米・カナダ行き海外発券プレミアムエコノミーですが、アメリカ・カナダ側の目的地によって運賃・獲得PP・PP単価がどう変化するのかを調べてみました。

 

注意事項

・運賃は変更される場合があります。実際にご利用の際は最新情報を各自で確認していただきますようお願いいたします。

・基本的にANA直行便が就航している路線を調査してありますが、検索すると経由便でユナイテッド航空を利用するルートがよくひっかかります。経由便だと大回りになるので獲得PPが増える可能性がありますが、ご利用の際にはブッキングクラス及びマイル・PP積算率にご注意ください。また、それ以外の航空会社の乗り継ぎ便が提示されることもあります。

 ・以下の調査結果は全て直行便を利用した場合のデータです。

 

調査結果!

まずはクアラルンプール⇔北米・カナダ部分の運賃・PP・PP単価です。

 

参考:TYO-KUL往復 プレエコ獲得PP 10814PP

f:id:tomekichisfc:20170514055606j:plain

 

 次にエアチャイナビジネスでクアラルンプールまで往復した場合との合計の運賃・獲得PP・PP単価です。

 

※エアチャイナビジネス参考データ

東京⇔クアラルンプール 運賃77270円 11714PP獲得 PP単価6.6円/PP

 

目的地 運賃 合計PP PP単価
シアトル 282,860 32,878 8.60
サンフランシスコ 282,860 33,588 8.42
サンノゼ 282,860 33,652 8.41
ロサンゼルス 282,960 34,244 8.26
ヒューストン 296,800 36,644 8.10
シカゴ 296,160 35,894 8.25
ニューヨーク 296,160 36,774 8.05
ワシントンD.C. 296,800 36,852 8.05
ホノルル 277,760 30,990 8.96
バンクーバー 279,610 32,690 8.55

 

全ての目的地でPP単価8円台と言う結果になりました。東海岸都市では7円台まであと1歩ですね。(4月中旬ごろは7円台でした)

 

アメリカ本土はハードルが高いという方や、やっぱりハワイ!という方はホノルルでも8.96円/PPでしたので充分検討に値すると思います。バンクーバーは8.55円/PPという結果になりました。

 

参考:さらにクアラルンプール発沖縄を入れてみると・・・

クアラルンプール発北米・カナダ行きプレエコ海外発券をエアチャイナで挟んでこなすと、プラチナ基準まで約13000PP~19000PP不足します。これは好みで他のルートで獲得すればいいのですが、さらにクアラルンプール発沖縄行きを足してみました。

 

ルートとしては「東京→KUL→北米→KUL→沖縄→KUL→東京」となります。KUL⇔北米、KUL⇔沖縄は東京経由です。

 

クアラルンプール発沖縄行きを追加 ビジネスの場合
  ビジネスクラス(125%+400PP)
目的地 那覇 宮古 石垣

シアトル

50,182 50,826 51,090
サンフランシスコ 50,892 51,536 51,800
サンノゼ 50,956 51,600 51,864
ロサンゼルス 51,548 52,192 52,456
ヒューストン 53,948 54,592 54,856
シカゴ 53,198 53,842 54,106
ニューヨーク 54,078 54,722 54,986
ワシントンD.C. 54,156 54,800 55,064
ホノルル 48,294 48,938 49,202
バンクーバー 49,994 50,638 50,902

ホノルル以外はほぼ達成、むしろ東海岸を中心にオーバーランの感じがあります。ホノルルの場合は那覇なら往復、宮古・石垣なら片道をプレミアムクラスに当日アップグレードすることによって達成できます。バンクーバーの那覇行きはわずか6PP不足で惜しかったですね。

 

クアラルンプール発沖縄行きを追加 プレミアムエコノミーの場合 

 

  プレミアムエコノミー(100%+400PP)
目的地 那覇 宮古 石垣

シアトル

47,628 48,324 48,588
サンフランシスコ 48,338 49,034 49,298
サンノゼ 48,402 49,098 49,362
ロサンゼルス 48,994 49,690 49,954
ヒューストン 51,394 52,090 52,354
シカゴ 50,644 51,340 51,604
ニューヨーク 51,524 52,220 52,484
ワシントンD.C. 51,602 52,298 52,562
ホノルル 45,740 46,436 46,700
バンクーバー 47,440 48,136 48,400

西海岸ではぎりぎり届かず、東海岸は達成という結果ですね。ホノルルは日本国内線あたりでもう1行程する必要がありそうです。

 

クアラルンプール発沖縄行きを追加 エコノミーの場合
  エコノミー(50%)
目的地 那覇 宮古 石垣

シアトル

41,820 42,516 42,780
サンフランシスコ 42,530 43,226 43,490
サンノゼ 42,594 43,290 43,554
ロサンゼルス 43,186 43,882 44,146
ヒューストン 45,586 46,282 46,546
シカゴ 44,836 45,532 45,796
ニューヨーク 45,716 46,412 46,676
ワシントンD.C. 45,794 46,490 46,754
ホノルル 39,932 40,628 40,892
バンクーバー 41,632 42,328 42,592

エコノミーだともう少しかかりそうですね。

 

まとめ

アメリカ本土全ての目的地でSFC修行の目安である10円を切ってくる結果となりました。考え方にもよりますが、これなら行きたい都市に行けば良いのではないでしょうか。海外に抵抗の無い方にはぜひお勧めしたいと思います。2018年修行予定の方は私が実験台になってきますので(?)報告を楽しみにお待ちいただければと思います。