2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

SFC修行第6弾 北海道滞在記 余市ニッカウヰスキー工場見学 他

 

f:id:tomekichisfc:20170329185311j:plain

 

青春18きっぷで余市へ

 

新千歳空港温泉をチェックアウトし、JR乗り場へ。

f:id:tomekichisfc:20170329175836j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329175928j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329203856j:plain

1Aゲット(特に意味はないです)

f:id:tomekichisfc:20170329180214j:plain

札幌小樽間は海沿いを列車が走りますので絶景区間です。

f:id:tomekichisfc:20170329180355j:plain

小樽で倶知安行きに乗り換えます。

f:id:tomekichisfc:20170329180429j:plain

今回の最終目的地「余市」

f:id:tomekichisfc:20170329180603j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329180642j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329180719j:plain

今回の最大目的地、ニッカウヰスキー余市工場です!

 

見学は自由見学と無料ガイドツアーがあります。ガイドツアーはホームページから予約できるようですが、30分に1回と催行回数が多いので当日でも予約できました。

 

f:id:tomekichisfc:20170329181608j:plain

見学後に試飲する場合は試飲券の記入が必要です。ガイドツアー開始まで書きながら待つ事にします。左に写っているロッカーは無料で使うことが出来ます。

 

ガイドツアースタートです!

f:id:tomekichisfc:20170329182110j:plain

まずは蒸留釜。

f:id:tomekichisfc:20170329182226j:plain

石炭で蒸留しています。

f:id:tomekichisfc:20170329182809j:plain

こちらは発酵釜。

f:id:tomekichisfc:20170329183104j:plain

貯蔵庫に樽がいっぱい置いてあります。ドンキーコングを思い出します。

 

最後はウイスキー博物館へ。

f:id:tomekichisfc:20170329183536j:plain

すすきのにもあるステンドグラスです。

f:id:tomekichisfc:20170329182901j:plain

こちらがバレル樽です。燃油サーチャージのシンガポールケロシン価格が1バレルいくらと言うのはこのサイズですね。

f:id:tomekichisfc:20170329183728j:plain

第1号ウイスキーです。減っているのは蓋がコルクの為、少しずつ蒸発していった結果この量になっているそうです。

 

f:id:tomekichisfc:20170329184019j:plain

 

ウイスキー博物館でガイドツアーは終了です。そのまま試飲場所まで案内してもらえますが、もう少し博物館内を散策しました。

 

f:id:tomekichisfc:20170329184236j:plain

ウイスキー博物館内には有料の試飲コーナーがあります。雰囲気がよく、男性スタッフもネクタイをピシっとしめて高級感がありますが、値段も結構します。

f:id:tomekichisfc:20170329184748j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329184946j:plain

無料の試飲サービスはこちら。1杯づつセルフサービスで頂きます。

f:id:tomekichisfc:20170329185117j:plain

f:id:tomekichisfc:20170329185140j:plain

ウイスキー博物館の最後に、試飲での飲み方のおすすめが説明されています。私はロックで飲むことが多いのですが、今回はおすすめ通りにしてみました。

f:id:tomekichisfc:20170329185311j:plain

雪景色に映えますね。乾杯!(乾杯する人いないけど)

f:id:tomekichisfc:20170329185503j:plain

運転手さんや未成年の方などアルコールが飲めない方はソフトドリンクがあります。

 

f:id:tomekichisfc:20170329190019j:plain

ガイドツアーでは外観だけだった旧竹鶴邸を見学します。

f:id:tomekichisfc:20170329190147j:plain

竹鶴政孝と妻リタが過ごした家です。私は朝ドラのエリーと言われた方がしっくりきます。

f:id:tomekichisfc:20170329190414j:plain

全体図はこんな感じですが、公開されているのは玄関ホールと庭園だけでした。

 

ニッカウヰスキー余市蒸留所を後にし、余市宇宙記念館スペース童夢に行ったのですが・・・

f:id:tomekichisfc:20170329190553j:plain

まさかの休止中・・・

 

よっぽどがっかりしたんでしょうね。実はこの後の写真がほとんどありません。

 

行動としては札幌市内へ戻って遅めのランチをしたり、大通公園やすすきの辺りをぶらぶらしていました。

 

f:id:tomekichisfc:20170329191108j:plain

宿はリブマックスです。訳ありプランでお安く泊まれました。

 

この日はWBCの試合日でしたのでホテル観戦しました。