2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド素人なりに思う 機長の決断力ってすごい!!

先日のSFC修行第2弾で那覇→千歳が羽田にダイバートしました。

 

sfc-traveler.hatenablog.com

 

ダイバートをするかどうかは最終的に機長の判断ですが、この判断によってANAには多額の損失が出ると思うのです。

 

・振替便の運賃やキャンセルに対する払い戻し

・乗客の交通費や代替のホテル代

・仕事が増えたことに対する人件費

・その他

 

当然ANA(航空会社)としてはそのようなことを見越して引当金を積んだり、経営計画を作成しているとは思います。しかし、イレギュラー運行が少なければ、その分は繰戻しとして利益が計上されるはずです。

 

もちろん乗客・乗員の安全が最優先というのが大前提です。その上でのお話ですが・・・

 

1便がダイバートなり引き返しをすると、数百万円から場合によって1000万円以上の損失が計上されると思われます。機長の決断によってそれだけの損失が決まると思うと、機長の決断力はすごいと思いますし、それが許される会社風土・業界であると言うこともすごいと思います。

 

ただ、売上高や利益に対する割合で見ると大した事無いとも言えるんですけどね。

2016年3月期連結決算売上:1兆7911億円(1000万円の損失とすると0.0005%)

 

 

ダイバートした飛行機に搭乗して、ふとそんなことを思いました。