2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

ついに一般ニュースでも報じられる 2月発券分からの燃油サーチャージ復活はほぼ確定 焦点は「復活するか」ではなく「いくら上がるか」

燃油サーチャージが上がる可能性について何回か記事にしましたが、ついに一般のニュースでも燃油サーチャージ復活のニュースが報じられました。

headlines.yahoo.co.jp

 

先日OPEC(石油輸出国機構)で減産合意がなされたこともあり、今後も原油価格は上昇していくものと思われます。

 

公式発表はまだですが、動画ニュースで言われているハワイ線で2000円という基準に合わせると以下のような金額になります。

f:id:tomekichisfc:20161202162656j:plain

 

SFC修行に与える影響は?

私が予定しているSFC修行第2弾SINタッチで、もし燃油サーチャージが復活したらpp単価はどれくらい悪化するのか、シミュレーションしてみます。

 

sfc-traveler.hatenablog.com

 

 私が購入したのはNGO-NRT-SIN-NRT-HND-OKAです。成田羽田間は地上移動です。運賃は56710円、獲得ppは7322pp、pp単価は7.74円/ppでした。

 

燃油サーチャージが・・・

片道1500円上がると、59710円 8.15円/pp

片道3000円上がると、62710円 8.56円/pp

片道4500円上がると、65710円 8.97円/pp

この辺りがSINタッチのメリットの限界でしょうか。

 

私の場合、行きにOKAタッチをつけていないのでそもそもあまりpp単価がよくありません。1月の国内線プレミアム旅割28の単価を見てしまうと余計にそう思います。

 

国内線にはサーチャージがかからないとは言え運賃には反映されていくでしょうから、一概に海外修行と国内修行どちらが良いとは言えないのですが、これまで以上に費用計算は注意したほうがよさそうです。