2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

私の修行遍歴【あの頃は若かった】

私は学生時代には鉄道好きで、特に青春18切符を使って旅行していました。社会人になって時間の制約からあまり18きっぷでの旅行はしなくなったのですが、SFC修行で羽田那覇を1日2往復とか、海外タッチで現地滞在数時間なんて行程は、過去の私がした旅行に通じるものがあると思っているので、とくにエクストリームな日程のものをピックアップしました。これ以外にも普通(普通って何なんですかね?)の旅行は行っています。

 

写真がないので本当に行ったのかよ!?と信ぴょう性に欠ける記事ではありますが、私の振り返り記事としてお許しください。

 

 その1 ムーンライト2泊 広島・松山  しまなみ海道走破

 

今は無きムーンライト山陽ムーンライト松山を使った1泊4日の行程でした。日付が変わる直前の京都からムーンライト山陽に乗車。宮島口で下車して夜明け前の宮島フェリーで厳島神社へ。弥山登山。(下山はロープウェー)広島に戻り原爆資料館を見学後、駅ビルで広島風お好み焼きを食す。その後普通列車で尾道まで移動し、レンタサイクルを借りてしまなみ海道へ。因島で一泊後、今治まで走破。普通列車で松山へ。道後温泉訪問後、松山からムーンライト松山で京都へ。そのまま新快速を乗り継いで名古屋へ。

 

その2 18きっぷで北海道へ (1回目)

 

ルート 名古屋ー新宿ー新潟ー秋田ー青森ー八戸ー苫小牧

こちらも今は無きムーンライトえちご日本海側を北上しました。ほぼ1日列車に乗りっぱなし。最後の八戸苫小牧はフェリーです。

 

その3 北海道・東日本パスで北海道へ(2回目)(1日目は18きっぷ利用)

 

ルート 名古屋ー新宿ー新潟ー秋田ー青森ー函館

この時は鉄道好きの友人と一緒に旅行しました。ムーンライトえちごで新潟、キラキラうえつで秋田へ。秋田泊後、リゾートしらかみで青森へ。青森から特急券を購入し、スーパー白鳥で函館へ渡りました。青函トンネル初通過です。

 

 

その4 JR西日本グリーン車乗り尽くし

 

ルート 大津ー富山ー新大阪ー小倉ー博多ー新大阪ー大津

これも北海道2回目と同じ友人と2人旅。この時は大津まで車で行きました。急行きたぐにで富山へ。富山に朝4:30頃に到着し、折り返し始発のサンダーバードで新大阪へ。(富山タッチ?)この時は湖西線強風のため米原経由の運転となりました。新大阪からのぞみグリーン車で小倉へ。九州鉄道記念館訪問。小倉から博多へ(もちろん新幹線)屋台で夕食を頂きました。この時隣に座っていた方も急行きたぐにで宿泊費を浮かすことは考えたそうなのですが、実際にやった人がいるとは・・と驚かれ(呆れられ?)ました。新大阪まで帰れる最終ののぞみに乗車。新大阪から大津までは新快速で。そこから車で帰って自宅に着いたのは午前3時くらいだったでしょうか。

 

その5 JR四国バースデーきっぷの旅(高松まで青春18きっぷ

ルート 名古屋ー高松ー高知ー宇多津ー松山ー下灘ー宇多津ー琴平ー児島ー松山

JR四国のバースデーきっぷを使ってグリーン車を乗り尽くし。サンルート宇多津を起点に1日ずつ高松・高知・松山・琴平と回りました。高知では坂本龍馬記念館・ひろめ市場・はりまや橋等を訪問。松山では松山城道後温泉・18きっぷポスターで有名になった下灘駅へ。最終日はこんぴらさんマリンライナーの展望席に乗ってみたかったため児島駅へ。最後は再び松山に向かい、松山空港から空路で帰ってきました。

 

 

その6 スカイマークで山陰日帰り

ルート 野洲ー三宮ー神戸空港米子空港ー境港ー出雲ー米子空港神戸空港ー三宮ー野洲

 

 スカイマークが神戸米子便を運航していた時に行ってきました。まずはは滋賀県野洲駅まで車で。野洲駅始発で三宮→神戸空港へ。神戸空港から米子空港へ飛びました。この時は初めてゴーアラウンドを経験しました。米子空港到着後境港へ。この頃はNHKの朝ドラ、ゲゲゲの女房が流行っていた頃でした。境港観光後、山陰線経由で出雲へ。出雲大社訪問。その後玉造温泉に行きたかったのですが、18きっぷ利用のため本数が少なく、妥協して出雲市駅前のランプの湯に行きました。その後は出雲市駅米子空港神戸空港→三宮→野洲駅と来たルートを戻りました。野洲神戸空港鳥取・島根の移動を18きっぷ1回分で済ませた効率の良い旅だったと思います。

 

まとめ

 

10年以上前の旅行も含まれているので覚えていない部分も多く、詳細な旅行記は書けないのですが、過去こんな旅行をしたということを自分の覚書という意味も込めてご紹介いたしました。

 

SFC修行終了後、ブログネタがない!なんて時には詳細を書いてみようかなと思います。