2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

ANAカードのポイント(ANAマイル)を先取りする裏技

先日シドニー旅作をキャンセルしました。旅行代金は今後の請求分と相殺と言う形なのですが、ポイントはどのように処理されるのか気になったので調べてみました。

 

私が行ったシドニー旅作キャンセルの流れ

 

6月  シドニー旅作を予約

10月  シドニー旅作をキャンセル

 

この結果、旅行代金は11月請求分と相殺されることになりました。

 

ポイントについては11月請求額が減少するので、11月付与分が減少することで納得がいきます。しかしここで、ふと疑問がわいたのです。

 

11月分の請求がキャンセル額より少ない場合どうなるの? 

 

ということです。

 

利用代金の返金方法

 

この場合、相殺し切れなかった場合は基本的に引き落とし口座に振込みとなるようです。場合によっては利用した店から直接返金と言う場合もあるようですが、これは稀なケースです。

 

 

ポイントはどうなるの?

ポイントについては調べてもよくわからなかったため、カードデスクへ問い合わせをしてみました。要約すると以下のようになります。

 

・ポイントが残っている場合はそこから減算

・他にポイント対象のカードを所持していればそこからも減算

・ポイント利用後カードを解約してしまっている場合は減算しない

 

ANAマイルコースの場合、自動コースでその都度マイルに交換している方もいらっしゃると思いますので、減算できるポイントが無いということもあると思います。その時点で解約してしまったらさかのぼって請求はしないと言うことですね。

 

マイル先取りの方法

旅行代金を支払った場合、請求は支払った月に来ますので、その時点でクレジットカードのポイントが付与されます。すぐにマイルに交換すれば、その時点でANAマイルが獲得できます。その後旅行をキャンセルしてしまえば、キャンセル後にポイントの相殺なり減算が行われますので、ポイントの先取りが出来るということです。

 

私のケースですと…

 

6月旅作予約←この時点でポイント付与、マイルに交換できる

10月旅作キャンセル

11月請求金額相殺←ポイントが付かない

 

と言う流れとなります。この結果11月分のポイントを6月に得ることが出来ました。

私の場合旅行代金が17万円程度でしたから、1700マイルくらいにしかなりませんでしたが、仮にゴールドカードなどで100万円でやると10000マイルを先取りすることが出来ます。

 

とは言え、おすすめできる方法ではない 

 

ただこの方法、マナー・モラルの点で問題がありますのでお勧めできる方法ではありません。

 

・行くつもりの無い予約は旅行会社に迷惑がかかる

・銀行口座にある程度の残高が必要(1度支払う必要があるため)

・カード会社の不都合なリストに乗る可能性がある?(これは推測です)

・キャンセルはキャンセル料のかからない間にする必要がある

 

私は結果としてポイントを先取りすることになりましたが、各方面に迷惑がかかりますし、お勧めはできません。今回制度上そうなっていると言うことを知ったので、投稿させていただきます。