2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

2017年SFC取得済。 格安航空券やマイルで勝手気ままに旅行してます。

海外発券とエアチャイナビジネスを組み合わせ、SFC修行も行ってアップグレードポイントも有効に使う旅程(タイトル長い)

 

sfc-traveler.hatenablog.com

 

 

前記事の続き

 

 

さて、ANAの海外発券にエアチャイナビジネスを組み合わせてみます。

 

HND-SIN(エアチャイナビジネス)

SIN-HNDANA海外発券UPグレード対象)

NGO‐ISG(海外発券日本国内区間

ISG‐NGO(海外発券日本国内区間

HND-SIN(ANA海外発券UPグレード対象)

SIN-HND(エアチャイナビジネス)

 

HND-NGOは別手配または地上移動 

HND-SINエアチャイナビジネスは北京経由

 

エアチャイナビジネスは日程と値段によっては中部や関西発にすることも検討します。

 

石垣の旅程まで2017年中に行ってしまえば、6便中4便を2017年中のSFC修行に組み入れることが可能になります。羽田⇔名古屋を海外発券分に含めていないのは、名古屋⇔石垣の方がppが多く獲得できること、別日程でも利用できるので純粋に石垣旅行ができること、価格も単純往復に片道1万円程度プラスするだけだということが理由です。

 

石垣の旅程までの獲得PPは?PP単価は?

 

トータルの価格は

シンガポール発海外発航空券 114650円

エアチャイナビジネス羽田発 84920円

合計 199570円

獲得pp 13557pp(石垣往復まで)

pp単価 19.68円/pp

 

修行年度分のエアチャイナは片道分だけのPPとなって10000PPより少なくなるので、40000ppのアップグレードポイント20ポイントが狙えます。

 

この合計金額には2018年分のシンガポール往復が含まれているので、エアチャイナビジネスの片道と、ANA海外発券分の石垣を含めない金額の半額を除外してみます。

 

エアチャイナビジネス 42460円

ANAシンガポール片道 45750円

合計88200円

 

199570円-88200円=111370円

獲得pp 13557pp

pp単価  8.21円/pp

 

※この結果から石垣往復は21730円という結果が出ました。

 

2017年分で計算するといい感じのpp単価が出てきました。

あとは 2018年の旅程をどう考えるか。SFC取得後に行く余分な旅程とみるのか、ANAとエアチャイナのビジネスでシンガポールへ行ける贅沢な旅行と考えるのかですね。

 

この旅程、2016年修行中の方もまだ使えると思いますので、もし実践される方がいらっしゃいましたらレポートお待ちしております。