2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKA-SINタッチの成田羽田間の移動

シンガポール往復の前後に那覇往復をつける、いわゆるOKA-SINタッチですが、最短日程で予約しようとすると帰国後に成田から羽田への移動が必要になります。今回はこの移動手段の考察です。

 

11:00発の羽田発那覇行きに乗れないか

普通に予約すると那覇行きは13:05発です。1便前だと11:00発ですが、成田到着後3時間を切っているので予約は出来ません。

 

しかし、成田からリムジンバスを利用すれば、振り替えできる時間帯に到着してしまいます。ただリムジンバス高いんです。3100円もします。成田エクスプレスでも間に合いますが(品川から京急利用)、さらに高額で3800円です。

 

安価な移動としてはアクセス特急やJRの快速、アクセス成田で東京駅経由など選択肢は豊富ですが、所要時間はそれなりにかかります。

 

調べていくうち、唯一可能性があるのが京成の8:40発アクセス特急に乗る事。これに乗ると10:17に羽田空港国内線ターミナルに到着するので、11:00発那覇行きに振り替えることができます。運賃も1800円とリムジンバスに比べればかなり安いです。

 

シンガポールからの成田定刻は8:25。普通に考えれば16分接続は無理です。ただここ数日のフライト情報を見ていると、結構早着している便があるんですよね。

 

夏ダイヤだと8:45が定刻ですのでまぁ無理ですね。ジェット気流の影響とかあるんでしょうが・・・

 

 仮に15分早着して30分の時間があり、到着後は先頭で降りて、預け荷物無しで税関・入国審査がスムーズに行ってきっぷは電子マネーで・・・と万全に準備してどうでしょうかね?

 

こんなときにも上級クラスだと優先的に降りられるので有利ですね。

 

もちろん荷物検査等があれば協力しますので、あくまでスムーズに行ったらですけどね。

 

遅れた時のBプラン

Bプランと言うかこちらがメインですが、8:40発に乗れなかった場合は、最近完成したLCC第3ターミナルと、東成田駅に行ってみようかなと思っています。

 

 

出来れば避けたいCプラン

 

 問題は乗れると思って改札を通り、結局乗れなかった場合です。

この場合の選択肢は、

  • 事情を話し改札を戻って成田空港見学
  • 東京都心の任意の駅で何かする
  • 後続の列車で羽田に行って羽田空港見学

 

途中駅で降りる場合はどこにするか、まだ検討中です。オススメがあったらコメントで教えてください。