2017年にSFC取得とANAダイヤモンド会員を目指すブログ

アメリカ雇用統計と株主優待

今回はちょっとテーマと外れる経済の話です。

6月3日金曜日に、アメリカの雇用統計が発表されました。

※アメリカの雇用統計とは、毎月第一金曜日に発表される経済指標で、アメリカの雇用環境に関する数字が発表されます。この数字が良いか悪いかで、為替が円安になったり円高になったりします。また株価も上がったり下がったりします。

結果は予想より悪い数字で、ドル円だと約2円円高になっています。

基本的に円高になると日本株は下がりやすいので、月曜日の日本株は下落すると考えています。

そこで、このタイミングでANA株と近鉄株を購入したいと考えています。

現在の株価はANA308.4円、近鉄株431円です。購入株数は最低1000株なので、308400円と431000円です。できたらANA2000株と近鉄1000株で100万円くらいで購入したいのですが・・・

果たして週明けの株価はどうなることでしょう?

あと、もちろん株価が下がって優待分以上に損することもあるので、投資は自己責任がお約束です。

それから、株主優待をもらうためには権利日(ANA近鉄は3・9月末)に株を持っていないといけません。ただし権利確定日に近づくと株価は上がっていく傾向にあるので、取得を考えている方はそろそろ検討してみてはいかがでしょうか。